2013年04月05日

『Design in Nature』と人間の意志


こんにちわ。ブリッジライターNAOです。


今回の記事では、
神田昌典さん推薦の科学本
『Design in Nature』
についてご紹介したいと思います。
Design in Nature.jpg

長いですが、すごく面白いのでお付き合いいただければと。


さて、いきなり大きい事を言います。

1度目に聴いた時は、
まるで自分が悟ったかのように感じました。

※「悟る」という言葉の解釈にもよりますが、
 この宇宙の真理・原理・法則を知ってしまった、
 という意味で使いました。


誤解を与えたかもしれないので先に弁明しますが、
宗教本ではありません(笑)

僕は宗教についてもノンポリで、
ただの出来損ないの科学少年なので、
神は科学だと思うし(この発言が”浅い”ことは認識しています)
一神教も多神教も仏教も「面白い」と感じながら
理系なのに大学ではモグリで宗教学を受講してたりしました。

・・・その土台のおかげで
カルトにハマる可能性は低いと自負しています(笑)
オウム真理教についても多面的に情報は得てました。
(書籍、雑誌、ハマりそうになった友人の話など)

でも色々と動いているため、
そういうのとも接点多いので気をつけますが。


・・すみません、話がヘンな方向に逸れました。
それはこの本がアヤシい内容ではない事を
アピールしたかったためですが、ちょっとしつこいですね。


では本の内容を以下に要約してみます。
[ ]の中はNAOのつぶやき・補足です。

*********************

『コンストラクタル理論』によって、
生物も非生物も区別しない共通のデザインが説明できる。

コンストラクタル理論とは、

構造体[何かカタチを持つもの]の流れは、
その内部のエネルギー・熱が、よりスムーズに
流れるように発展[カタチの変化]する


その前提条件としての3原則は、

1.全てのものには流れがある
 (流れが止まったものは「構造体の死」と呼ぶ)
2.流れのためにデザインが生じる
3.過去よりも未来の方がよりスムーズになるよう変化する


稲妻、肺、雪の結晶、樹木、川の支流、毛細血管、
インターネットの情報網、脳細胞の結合、空港ターミナルの通路etc

これらデザインは全て、このコンストラクタル理論にあてはまる。

cf.アップル製パソコンには動作音が無い(ファンが無い)のは、
 放熱経路が樹状に設計されているから。
[アップルの技術者はコンストラクタル理論を理解しているのかも]


では、この理論はなぜ存在する?根拠は?原因は?

それは「分からない」。
「そうだから」、としか言いようが無い。

熱力学第二法則(エントロピー増大則)と同様、
「観測してみるとそうなっている」もので、
それを出発点として様々な法則が導かれる。

[NAOや科学者が「神」を信ずるとすれば、
 「この法則を定める何か」でしょうね。 ]



地球で起こる全ての現象は太陽が起源

cf.日本の国旗は太陽である。
 その重要性に気付いていた古代日本人はなんと凄いか。

太陽からの放射熱が地球にぶつかって遮られ、
熱の差が生じ、地球上のあらゆる物質が
その差を均一化するためにかき回される。


生命の発展もそれで説明される。

生物の進化は1つの種の中で進むのでなく、
関わる全てのモノ(生物・非生物区別無く)が共同作業
熱(エネルギー)をかき回しながら変化し続けている。

これは、人間が機械を生み出して、
自動車や航空機で移動能力を増し、
インターネットなどの情報伝達網を発達させたのも同じ。

[地球外から知的な何かがそれを観察すると、]
人間も機械も区別はない。
『human & machinery species(人間機械種)』
と著者が呼ぶ、何かそういうモノが地球上に存在して
熱の差をかきまわし続けている。

最終的には【情報】が均一化する。
[【情報】も【エネルギー】の一種ですから]


太陽からエネルギーが放射される限り、
この撹拌(かきまわし)は止まる事は無く、よって
「3.過去よりも未来の方がよりスムーズになるよう変化する」
ため、進化は止まる事が無い

進化の方向・進行に、人間の意志は関係がないだろう。

*********************

『Design in Nature』をどこかで紹介する際、
 上記NAOによる要約文は引用していただいてOKです。
 ただし出典を明記して下さいね。
 できればコメントもいただけたらすごく嬉しいです。



さて、最初に学んだ時点で、
『太陽エネルギーを起源に万物が流れ、発展し続ける』
の部分により、一瞬、悟ったように思いました。


美しいものを作りたければ、
自然や植物のデザインを模倣すればいい。
(アントニ・ガウディのサグラダファミリアに代表される
 作品群が典型例です。)

美味しいものを作りたければ、
その風土の自然環境に従った方法で作物を育てればいい。
(人間という自然の一部が生体維持・活動のために
 摂るモノは、自然に従って形成したものが
 最適だと考えるのが普通の感覚です。)


ここまでは(理解だけなら)カンタンです。



・・・ただし、

太陽が地球の全ての動力源であることは
聴いた事がある話で異論はありませんが、

魚は、海の熱の差の撹拌のために発生・進化し、
その理屈を当てはめると、
人間も人間機械種も熱の差の撹拌のために存在している、
という記述があったのですが、
ここには違和感を憶えました。

進化は人間の意志とは関係ない、という点も
このまま素直に従ってよいのだろうか、
と疑問が残りました。



たしかに、過去の人々が
空を飛びたいと思い飛行機を設計し、
パワーが欲しいと思い蒸気機関を組み立て、
遠くの声を聞きたいと思い電信を見つけた ように、
文明の利器と呼ばれるものは全て、
元々は人間の空想ですね。

なぜ人類はそんなことを思ったのか?

また、NAOが進化したい・読者のあなたと共進化したい、
と思うのはなぜなのか?

僕の感情も、こうやって文字に変換して
日本語読者のあなたに伝えている情報は、
本当に僕の意志とは関係ないのだろうか?

そもそも僕の”意志”とは何なのか?

その感情や意志、心と呼ばれるものも、
コンストラクタル理論で説明される
太陽熱の均一化の流れの一部なのだろうか。


僕は哲学者ではないので、難しくなってくると
眠くなってしまうため、そろそろ行き詰まってきて・・

「次元が違う、というより扱う対象のスケールが違うので、
 総体としての宇宙の原理(第一法則)と、
 個別の人間個体の意志は、
 同じ原理で説明できるわけではないのでは」

という段階で思考が止まりました。




・・・しかしその後日、どうもそれだけではないような気もします。



『Design in Nature』で考えてる事とは別目的でしたが、
自己啓発の一環として「行動」や「意志の力」について知りたいと思い、
同時並行で以下の音声教材も勉強しています。

【Make Yourself Active 〜行動する自分を創る〜】
引き寄せの法則、超実践的メソッド!

makeyourselfactive.jpg


この【Make Yourself Active】では、
「引き寄せの法則」や「セルフイメージ」の
科学的説明
がなされているのですが、
それを聴いている途中で、ひとつのセリフがふと浮かんできました。


『バガボンド』(宮本武蔵の伝記漫画)
http://item.rakuten.co.jp/book/6272583/
バガボンド32.jpg
の中で和尚のセリフ

「全て決まっていて、それ故に、果てしなく自由だ」


この言葉は矛盾で印象的ですから、読んだ当時、
「なんかすげー」程度には思ったわけですが、
理解はしてませんでした。


しかし『Design in Nature』
【Make Yourself Active】を同時に学んで、

こうやってアウトプットしていたら、
このセリフがフラッシュバックし、
宇宙の原理と個体の意志がなんとなくつながりました。


大きな流れとしては、個人の意志や意図と関係なく
進化が進む(熱が均一化する)方向に進むのでしょう。
ただ、その意志も含めて進化の流れの一部であり、
「全て決まっている」わけですが、

「それ故に」

Natureの流れに従って、自由に発想し、そして素直に行動する、
それが人間の生命としての幸福(充足感)が満たされる
正しい自然な行動法則だとすれば、
「果てしなく自由だ」とも解釈できます。



今回はここまでにします。

消化不良の浅いところで終わった感がありますが、
次回は、もうしばらく、人間の意志や脳のしくみについて
勉強してからアウトプットしようと思います。

それがインターネットを活かして
農業を発展させる道筋・ベースになると信じています。


お楽しみに。



NAO


*********************
FBページ「インターネットと農業」もやってます!
http://www.facebook.com/internet.agriculture
インターネットと農業の可能性を広げるような情報をシェアするページです。
共感いただけたら「いいね!」をお願い致します!
*********************


makeyourselfactive2.JPG

instagramer2.jpg







追伸

オーディオブックを聴いていると、
インプットしながら自分の思考がどんどん広がって行くので、
一人ブレインストーム」には向いていますね。
ただし、それを表現するカタチに納めるのが
大変になります・・(苦笑)

なので、思考が硬直化しがちな時には特にオススメですよ。
オーディオブックの習慣は目的は何であれ、
好影響しか無いので、是非始めてみて下さい。

2倍速で聴くと脳トレにもなるそうですし。

cf. iPhone・iPod・iPadで音楽を倍速再生する方法のブログ記事です↓
  http://pcts.seesaa.net/article/246518892.html


その始めの教材としても、
【Make Yourself Active】
は強くオススメできますよ。
http://bit.ly/1SX3lgf
ラベル:自己啓発
posted by ブリッジライターNAO at 23:18| Comment(7) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーディオブックって、なんか敷居が高いよね。

俺は、
日本昔話→落語→ポッドキャスト(色んな物)→オーディオブック
という流れで音声コンテンツを聞くようになったかな。
Posted by ニッタ at 2013年04月07日 12:09
たしかに。俺も10年くらい前にテープがオススメ!的な本を読んだけど、結局実践したのは最近になってからだし。早くやれば良かった。コンテンツが圧倒的に少ないせいかな?本が好きで書店やブックオフで立ち読みしてても、オーディオブックは見つからないしね。
このブログを読んでる人も100人超えてるけど、オーディオブック購入という行動をした人はホントにごくわずか。価格も一般書籍より高いけど、iPodとかに移す作業もめんどくさいのかな・・。慣れれば何でも無い作業なのに。
Posted by NAO at 2013年04月07日 23:59
うん。移す作業は正直、面倒くさい。
ので、全部iphone内で済ませたい。

俺は「clipbox」というアプリを使って、mp3ファイルをダウンロードして使っているよ。問題点は、2倍速再生できないことかな。
最低2回は聞きたいので、倍速再生したほうが合計時間は短縮できるのだけど、パソコン経由するのが面倒なので、通常再生している。

よく考えたら不可解な行動。
Posted by ニッタ at 2013年04月11日 00:49
今までにない新しい方法で道を切り開いている感じがします。 新しいことに挑戦しているエネルギーを感じます。新しい形や取り組みということに興味があります。がんばってください!
Posted by ぜっこーちょー at 2013年04月13日 23:02
今までにない新しい方法で道を切り開いている感じがします。 新しいことに挑戦しているエネルギーを感じます。新しい形や取り組みということに興味があります。がんばってください!
http://yumeokanaerumeigen.seesaa.net/
Posted by ぜっこーちょー at 2013年04月13日 23:03
にったくん
移すのメンドイよね・・。でも、倍速再生は時間短縮の他にも、頭の回転を早めたり、メリット大きいから、なるべくやるようにしてるかな。
理性的な考えと、それに対して行動は、しばしば一致しないよね(笑)
Posted by NAO at 2013年05月05日 19:52
ぜっこーちょーさん
遅れてスミマセン・・。お言葉ありがとうございます!嬉しいです!
>新しい方法で道を切り開いている
はい、僕もそのつもりです。まだ視界は開けていないですが、楽しい歩みです。今後ともよろしくお願い致します!
Posted by NAO at 2013年05月05日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

月1〜数回配信の ゆるメルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録の特典>
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた 「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 の講演スライド資料(pdf25枚)
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf

以上の2つを無料プレゼント!!