2016年03月13日

乾坤塾レポート 自然農・川口由一さんの世界


こんにちは。
ブリッジライターNAOです。


********
初めてのご訪問の方は、よろしければ
当ブログのコンセプトと自己紹介が書いてある
最初の記事をお読みください^^
『インターネットと農業 とは』
http://boom-nao.seesaa.net/article/319009463.html
********



2016年2月20日、
卑弥呼のゆるキャラ(?)がところどころに見られる
奈良県の桜井駅に降り立ちます。

自然農の大家・川口由一さんに
初めてお会いできる緊張と喜びを抱え、
会場であるホテルウェルネス大和路への送迎バスに乗り込みました。


『乾坤(けんこん)塾』

http://iwazumi.sakura.ne.jp/kennkonnjukuannnai20160226.pdf
という、川口さんが久々に作った新たな学習の場
に参加したのです。

畑から宇宙が見える [ 新井由己 ] - 楽天ブックス
畑から宇宙が見える [ 新井由己 ] - 楽天ブックス


いや、もう・・なんていうか、
ここでの6時間×2日間の合宿形式の学びを、
このブログでできる限りアウトプットしよう、シェアしよう
と思っていたのですが、

その無謀なチャレンジは諦めます。


内容もこの後少し、かいつまんで書きますが、

その前に驚いたことが、
参加者数!


※会場の様子はインスタグラムよりご覧ください↓
#自然農 の大家、#川口由一 さんの乾坤塾へ、
#奈良県#桜井市 にあるホテルウェルネス大和路での合宿。
告知をあまりしてないらしいのに人がたくさんでビックリ! ・ (写真右下)
ロビーから見える中庭には#ぬこ が(笑)
※セミナー中も鳴き声が(苦笑) ・ 
それと、食堂の#コーヒーカップ が予想外に好みの風合^^ ・ ・ 
ブログにてこの勉強会合宿のレポートしました。#農業 について斜め方向な視点から考察した小難しいサイト『インターネットと農業』はこちら▶@internet.agriculture ・ 
僕のプロフィールはこちら▶@naoki_okuyama888 ・ 
インスタグラムの活用方法はこちらの無料講座で学びました▶@insta.pop2015japan

#カフェ巡り #カフェ #cafe #喫茶店 #珈琲 #コーヒー #coffee #cafestagram 
#奈良 #nara 

#猫 #ねこ #ネコ #neko #cat #cats #gato #katze #miao #chat #gatti #catstagram














上記の乾坤塾の案内のpdfを見ていただければ分かるとおり、
応募は事務担当者のケータイメールのみ、
(無理なら電話かファックス)
という、主に東京でのイベントやセミナーに慣れた身からすると、
かなり前時代的・・と失礼ながら感じてしまい・・

しかも告知も年始に自然農のイベントで2回しただけ、
ウェブ(HP)でもわかりやすいところに案内されているわけでもない

という状況なので、
それほどの人数は想像していなかったのですが(僕の勝手な予測で30人くらい)、
ホテルの会場についてみると、
すでに100人以上の人、人、人!で広い部屋があふれかえっていました。

しかも8割以上が昔から川口さんのところに通う
農家さん(だいたい自然農の実践者のようです)で、
完全にアウェイに乗り込んだわけです。


僕はもちろん日常はオフラインの世界に生き、
人と人とが対面することでしか本当の交流はできない、
ということは重々分かっているつもりでしたが・・

やはりウェブ・オンラインに慣れすぎていたようです。


今回、川口さんの人を集める力を目の当たりにしたことで、
都会でビジネスなどで集客に腐心している人たちとは、
ご存命の自然農の先駆者の中でおそらく日本一の知名度を誇る人の
別格さを見せつけられました。



さて、気になる講義の内容は・・

基本的には「宇宙」の話でした。


宇宙といっても、あの、
英訳でspace=地球外空間のことじゃないですよ。

この今僕らが生きているこの場所のことです。
一応英語にするとcosmosですね。

そもそも「乾坤」という単語も難しいですが、
天と地、陰と陽、の意です。

広く取れば「宇宙」とも同義とみえますね。


伝わりにくいこと覚悟で書いてみますが・・
(川口さんご自身の話は、
 非常に慎重に言葉を選びながら説明されていて、
 わかりやすいとは感じましたが)


「相対世界」と「絶対世界」
を前提として話を展開しています。


相対世界とは、この世界の現象、事実そのもの。
時空があり、力場のこと。

絶対世界とは、「ただ、ある」というだけで、
姿形は無い。何も無い。


量子力学や相対性理論も含め、科学で認識する世界は全て、
相対世界のことを指します。

一方、絶対世界は、説明とか認識とかいうものではなく、
言葉の便宜上、
「触れる」「近づく」「その世界に立つ」「体得する」
と表現したりもしますが・・、
「今」「ここに」「ある」「普遍・不変」としか言いようのない世界です。


(余談ですが、僕は瞑想を少しやっていまして、
 そこでも「静寂」と表現される領域、
 ”潜在意識よりもさらに奥深くにある時間も空間もない世界”
 にアクセスするための”手法”として瞑想がある、という教えです。
 たぶん「絶対世界」と「静寂」はほぼ同じことを
 指しているように思え、自分の中でリンクしました。)



〔スポンサードリンク〕
cateye.jpg



ただ、ここまで書いてみて、
抽象的なことを取り上げてしまっているので
誤解されそうですが、

宗教のようなものではなかったです。


正直、セミナー会場の空気には、
宗教っぽい雰囲気もあったとは思いますが、

川口さんご自身は
「教祖になってはいけない」
「宗教は人類のために大切な役割なのに教祖が立ってしまうのが残念」
「みなさんとは先生と生徒でもない。人と人として対話したい」

と何度もおっしゃっていたのもあり、

特に「川口教」というものを教えられている、
という感覚にはなりませんでした。


1日目の講義後にご挨拶に伺った際や
僕が1人でホテルの廊下で部屋の案内図を見ていたりしたとき、
気さくに声をかけていただいたり、
人間的魅力に触れた場面があったことを補足しておきます。




話が脱線しました。


まぁ、ひとまずこのブログで伝えられることは少ないので、
短めですがまとめに入りますと、

絶対世界と相対世界の前提のもと、
10時間以上にわたるお話は、

人としての誠(まこと)の行いをして
人類だけでない世界の平和に向かうよう
ひとりひとりがちゃんと生きていきましょう


に帰結したものだと思います。


以上!(強引・・苦笑)



最後、もう少し追記します。


20代はまだ未熟で学びの始め段階、
30代も若く荒々しく、学びを深めてきたところ、
40代で仕事ができるようになり、
50代で1人前に役割が果たせ、
60代からが人生の花開くとき


という人の一生の使い方についての部分がありました。


僕は30代ですが、
この世界に対して1人前に影響力を及ぼせていないと思っていて
焦燥感が常にあるのですが、
川口さんからこの人生のリズム感を聞き、
かなり焦りが和らぎました。


そこで個人的に決めたことがありまして。
(いきなりですが決意表明です)


まだ荒々しいのが許される、ということで、
再びメルマガをやってみることにします。

ただいま企画・執筆中で、
もちろん満足に完成することなんてありえないでしょうが、
とりあえず始めてみますね。

3月中には登録フォームを作り
4月にはリリースする予定ですので、
このブログの読者様は是非、
メルマガも登録していただけると嬉しいです。

みなさんと対話できればと思います。


次回は、そのメルマガの告知をします!

お楽しみに!


NAO


************************
FBページ版インターネットと農業もあります。
インターネットと農業の可能性を広げることに関連する
イベント・ニュース・セミナー等の情報を共有する場です。
ご賛同いただけたら、「いいね!」or「シェア」をお願い致します!

************************

タグ:自然農
posted by ブリッジライターNAO at 23:56| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

月1〜数回配信の ゆるメルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

今ならご登録の特典として
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』
を無料プレゼント!(pdf12枚)

さらに筆者の講演「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』(仮)」
のスライド資料も配布予定です^^ (2017年5月末)