2018年02月28日

「農× IT 」@オンラインフューチャーセッション


こんにちは。
ブリッジライターNAOです。


この記事では単刀直入に、イベントの告知となります!


こちらのイベントです。↓
https://enpitworldcafe.wixsite.com/future-session
enpit-everi.png

(僭越ながら、僕のしゃべっている3分間動画もあります。笑
分科会D「農業と食分野での技術革新の可能性、暮らし方革命
でのファシリテーターを務めることになりましたので^^)


========

日本最大のオンラインカンファレンス
「enPiT-everi Future Session」
(エンピット エブリ フューチャーセッション)

共有と貢献から始まる次世代の地域共創

分野を越えて、業種を越えて、立場を越えて、
みんなで考える「最新技術を活かした地域おこし」


未来への対話

========







とか書いていますが、


要は何なの?

って感じかもしれませんね(汗)


カタカナ語はスッと胸に入ってこなくて
僕の場合は読み飛ばしてしまいます^^;;




フューチャーセッション(Future Session)という、
よくわからない外来の概念の説明は、
こちらのように簡潔に表現してみました^^

   ↓

「いろんな人が、難しいことについて、自由に話し、
 何か新しい考え方が出てくるようにすること」

・・って感じでしょうか。
言葉遣いがくだけすぎて本質がやや伝わりきりませんけど・・

(詳しくはこちらを参照:「フューチャーセッションとは?」
http://bridge-writer.hatenablog.com/entry/future-session




また、イベントのHPの中で、
ここの部分の説明は比較的わかりやすいので、
どうぞお読みください↓

********
2000年以降、インターネットによって世界中の経済インフラは大きく変わり、それに伴い、働き方やライフスタイルも日々、変化し続けています。
今日、注目を浴びているAI(人工脳)やスマートフォンなどの情報端末があらゆる家電と繋がるIoT(Internet of Things)は、今世紀最大の改革になるとも言われています。
業界を越えた繋がり(ネットワーク)で次世代の新しいイノベーションを起こすオンラインカンファレンス​「エンピット エブリ フューチャーセッション」開催のお知らせです。
********


そして、このオンラインでのイベントでは、
途中で6つの分科会に分かれるのですが、

そのうちの一つ、分科会Dの
農業と食分野での技術革新の可能性、暮らし方革命
のファシリテーターに注目です(笑)






今回のイベントでの最重要ポイントのひとつは、
”オンライン”であること。


このような対話型イベントにおいて”オンライン”であることの、
”オフライン”との違いの意義は、こちらをご覧ください。
(フェイスブックをやっていなくても「もっと見る」をクリックして読めます)

インターネットと農業さんの投稿 2018年2月27日(火)



こちら、今回のイベントのプロデューサー的な位置である田原真人さんは、

かつて「田原の物理」という言葉もあるほどの著名な予備校講師で、
ご著書も何冊も出されています。


現在のご活動は、このようなものです。↓
Zoomオンライン革命!.jpg
『Zoomオンライン革命!』(2017年出版)
(クリックすると、1分で読めるよう要約したサイト『1分で読書』に飛びます)



さて、このような大きなオンラインイベントに
どうして僕のような無名の者が
重要テーマの一つ、
「農 × IT」のメインファシリテーターに指名されたのか?

(もちろん、田原さんとのご縁ですが)


その理由として考えられることとして、

農業とIT(インターネットはその一部)の融合について発信してきた人数が、
これまであまり多くはなかったからかもしれません。


僕のこのブログとFBページ『インターネットと農業』は、
始めてからおかげさまでちょうど5年ほど経ちますが、

もう4年間以上ずっと、
グーグル検索で「農業 インターネット」の2語での検索順位が1位です。
グーグル検索結果 2018-02-28.png
もちろん、「パーソナライズド」(※)は外した上での結果です。
(※その検索している人自身の性質に合わせて、検索結果を出すこと。
  例えばAmazonで、過去の買い物履歴から、その人にオススメの商品を
  勝手に予測して画面に出してくる、というような機能のこと)


たまに「テレファーム」とか、大手新聞のニュース記事あたりに
1位を取られて、3位くらいまでは下がったことはありますが、
だいたいすぐに1位に復帰しています。



で、これはすごいことなのか?



・・どうでしょう。笑


このブログ、更新頻度は不定期かつ、
1ヶ月に1回するかしないか程度だし、
2年間もの長期間ほったらかしていたことありますし(苦笑)


卑下するようですが、各記事の内容という面でも
「農業 インターネット」で検索してくる人の要望に沿った
最適な情報を提供している、とはとても言えないと思います。


それでも長らくこのビッグワード2つで1位にあり続けるわけですから、

きっとあまり他に有益な情報が、ウェブに載ってこないのでしょう。


・・ここ5年、ずっと^^;;


これは、「農 × IT」がまだまだこれから、ということの
ひとつの現れかと思っています。





ではここで、僕の発信内容の振り返りをしたいと思います^^

まさに原点である初回の記事
『インターネットと農業 とは』
http://boom-nao.seesaa.net/article/319009463.html

で何を書いたのか、ちょっと見てみましょう。



(抜粋・編集)
========

「農業」と「インターネット」の
一般的なイメージを対比させてみます。

左がインターネット : 右が農業


瞬時 : 時間かかる
今・新しい : 昔・古い
グローバル : ローカル
人工 : 自然
場所の制約無し : 土地に依存
虚像 : 実存
儲かる : 儲からない
精神・思考 : 肉体・運動



真逆かのように思えるこの2つ、

共通点は
人間の進化を促したこと」です。


農業もインターネットも、
人類全体の社会体制(集団や国家など)を変えてしまうほどの
インパクトがあった/あると思っています。


その2つを組み合わせたらどうなるのか?

そんなワクワクが、原点です。

========



2013年の時点と、2018年の今、
社会情勢的にはそれほど大変革したような気はしないのですが、

少なくともスマホの普及率など
より広い層にインターネット技術が身近になった

ということは言えそうです。


変わらない時はなかなか変わらないように見えても、

目に見えにくいところでの変化が実は徐々に蓄積されてきて、

何かのきっかけがあって変わる時は一気に変わりますから


もしかしたら、この対話型のイベントも、
https://enpitworldcafe.wixsite.com/future-session
enpit-everi.png

参加した誰かにとっての大きな気づきとなって、
社会変革の大きな潮流の起点となるのかもしれませんね^o^



ご参加、お待ちしています!



ブリッジライターNAO



************************

当ブログのコンセプトと自己紹介を書いた初回記事
『インターネットと農業 とは』
http://boom-nao.seesaa.net/article/319009463.html

FBページ版インターネットと農業もあります。
インターネットと農業の可能性を広げることに関連する
イベント・ニュース・セミナー等の情報を共有する場です。
ご賛同いただけたら「いいね!」or「シェア」をお願い致します!


************************

posted by ブリッジライターNAO at 19:48| Comment(0) | - | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月1〜数回配信の ゆるメルマガ
Base Bridge Brains はこちらから↓
お名前
メールアドレス
パスワード
(いつでも変更可)

<ご登録の特典プレゼント>

文章を書く人は必見!
『言葉に生命を吹き込む たった3つの”本質”テクニック』(pdf12枚)

■筆者が話者を務めた3つの講義のスライド資料など(非公開部分)

・「南方熊楠から見た、今西錦司の『生物の世界』」
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/minakata-imanishi.pdf
・「量子論(素粒子論)×『般若心経』」
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/quantum-hanya.pdf
・「スピノザと複雑系から、”いのち”を考える」
 ※レジュメはこちら↓
 http://boom-nao.up.seesaa.net/image/Spinoza-complexsystem.pdf

以上の4つを無料プレゼント!!